« 金正男と最近のことと郵便事故 | メイン | 単位に困る »

2001年05月28日

反日感情は高まるか?

早いものでもう五月最後の週です。セメスター制の学校はとっくに夏休みだそうですが、OSUはクォーター制のため現在三学期目後半で、あとちょうど二週間あります。三週間目がFinal's weekです・・・と書いているそばから胃が痛くなってきました。

先週ご紹介した大学の日刊新聞Daily Barometerが州から賞をもらったようです。詳細はこちら。今年のピューリッツァー賞でもThe Oregonianが二部門も受賞しましたし、皆さんすごいですね。

本日の写真は、OSU webcamです。映っている建物はMemorial Unionといい、授業よりもちょっとした催し物のために使われます。また、ブックストアや郵便局、コンビニ、カフェの他にいくつか食事のできるお店も入っています。お店の中のひとつ、Panda Expressにて新発売の「マンダリン丼」が最近のお気に入りです。美味しいんですよー。

さて、今週はこの話題を避けるわけにはいかない!というわけで、本日のお題は映画Pearl Harborです。25日(金)が公開日でした。五月最後の月曜日(今年は28日)はThe Memorial Dayといって戦没将兵記念日なのです。この映画の公開日をThe Memorial Dayに近い週末にあてるのは、なかなか上手いやり方ですね。

反日感情が高まる恐れがあるとのことでしたが、主な新聞などの批評を見る限り、杞憂に終わりそうに思います。もともと反日感情を持っている人が多少煽られる程度では。映画の内容は実際に観てあれこれ言うとして、私はそれよりも配給会社の厚顔さと日本のなめられっぷりに呆れています。日本は国も人もおとなしいから甘く見られるんでしょうね。世の中には隣国の教科書の数行に対して国をあげて抗議している国家もあるというのに。これは戦火に翻弄される恋愛が主題の映画だというなら、その「戦火」が何故独立戦争・南北戦争・第一次世界大戦・朝鮮戦争・ベトナム戦争・湾岸戦争のどれでもなく第二次世界大戦の真珠湾である必要があるのでしょうか。上に挙げた戦争での「敵」の中で現在一番抗議活動をしない国だからじゃないか?と勘ぐりたくもなります。

日本公開版では台詞がカットされるそうですが、その理由は「日本はTITANICにおける全収益の2割を稼ぎ出した市場だから」・・・そういうのは「配慮」ではなく「なめた真似」と日本語では言うと思うんですが。そしてとどめは先日の試写会!えひめ丸の事故とこの映画の公開日が近くなってしまったのは不幸な偶然であるにせよ、試写会はなんとかならなかったのでしょうか。配慮した配慮したと言われてもどうも眉唾です。配給会社は、そんなにジャパニメーション(Japanese Animation。いわずもがなだがアメリカで大人気)に嫉妬しているのか?どうせ配慮するなら「後日談」と称して「火垂るの墓」と同時上映するくらいやってもらいたいところですがね。ちなみに、英語版のタイトルは"Grave of the fireflies"です。そのまんまか。

最近のアメリカ製戦争映画はどうも的を射ていないという印象がぬぐえないのですが、それはつまり、戦争を知らない世代に完全に突入しつつあるということでしょうね。もちろん自分もふくめて。それにしても、映画だけでなく、アメリカは戦争をしたくて仕方ないように見えますが。一体ベトナム戦争で何を学んだのか大変疑問です。スミソニアン美術館の原爆展に外部の圧力というか抗議がかかったというのは・・・ま、日本も自分が加害者だったところは隠匿したがるという点においてはいい勝負ですが。とにかく、アメリカがどんなに戦争をしたがっても、日本は絶対に憲法第九条だけは譲ってはいけないと思いますよ。

色々書きましたが、「パールハーバー」に対する私の一番の懸念は、「まさか日本兵はちょんまげ結って零戦操縦してたりしないだろうな」という点にあります。絶対にないとは言い切れませんよね・・・確かめてみたいけれども売上に貢献するのは嫌だなー・・・悩むところです。

投稿者 akiko : 2001年05月28日 16:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2515

コメント

コメントしてください




保存しますか?