« シアトルレポート | メイン | SIGGRAPH@Los Angeles »

2001年08月06日

猿の惑星と戦争責任

今日は、先週の日記にちょっと書きましたスターバックスのカップです。左がTall(12オンス)、右がGrande(16オンス)です。この上にもうひとつ、20オンスがあります。日本のスターバックスは値段が高くて量が少ないという話を聞いたのですが・・・どうなんですか?

またまた映画の話で恐縮ですが、先日公開されたPlanet of the apes(猿の惑星)を観てきました。これは、たしか日本も同時公開ですよね。ヒトもサルも英語を喋っていました。しかし決して、サルでもできる英会話という感じではありませんでしたが。むしろ、サルよりできない自分の英会話を思い知らされるような・・・。特殊メイクの技術が素晴らしい映画でした。ファイナルファンタジーといい猿の惑星といい、人の顔の表現は難しいものですよね。

猿の惑星は、文明とは何ぞやという疑問がずっと根底にある映画ですね。人類とは進化しているのか退化しているのか、文明は発展しているのか実は衰退しているのかよくわからないものです。なんせ、この世でもっとも耐久性のあるメディアは石板だと言われるくらいですからね。科学者および技術者にとってはずいぶん皮肉な話ですよ。

さて、話は変わりますが、日本の8月6日は広島の原爆記念日、ということを一体何人のアメリカ人が知っているのか大変疑問です。以前も書きましたが、同じように日本人は自分の国が大戦中に他の国に対してどのようなことを行なったかあまり知らないのですけどね。2年前に出版され今年のピューリッツァー賞を受賞した"Hirohito and the making of modern Japan"(Herbert P. Bix)という本をご存知ですか?この本は、昭和天皇は戦争にかかわっていたにもかかわらず責任を問われなかったのは何故かというところに焦点が当てられています。しかし本の内容云々よりも、このような本が当の日本よりも外国で人々の興味をひいたというのは、大変恥ずべきことだと思うのですが。同じことをアメリカに対しても思いますけれども。それにしても、いまだにこの本が邦訳されていないところをみると、言論の自由って本当かな?という気になりますね。

来週末からACM SIGGRAPH 2001を覗きにロサンゼルスへ行ってきます。PCを持って行くかどうかは思案中なので、もしかしたら2週間分まとめて更新、ということになるかもしれません。あしからず。

投稿者 akiko : 2001年08月06日 18:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2506

コメント

コメントしてください




保存しますか?