« バカルディのOSUラム | メイン | グラウンド・ゼロ »

2002年05月28日

インターンシップ

月曜日が戦没将兵追悼記念日で、この週末は一学期に一度の貴重な三連休でした。日本は休みが多くてうらやましいです。働いてらっしゃる方はそうもいかないのでしょうけれども。日本人は働きすぎとかなんとか言われて、日本人がそれを真に受けて休みを増やしている間にアメリカはばりばり働いているように見えます。なんか騙されているかも。

今日の写真は、OSUの西の端にある広場です。なんだか日本のどこかの山村のようですが、一応大学の敷地です。このあたりには大学の牧場があり、私にはまったく用のない区域ではありますが。土地の有り余る国の田舎にある大学だけあって、敷地はものすごく広くとられています。いったい端から端までどのくらいあることやら。

ここしばらく我がラップトップの調子が良くなくて困っております。明らかに酷使しすぎなんですけどね。どうも冷却系にガタがきたようです。困ったなー。アメリカのPCが廉価なのは良いんですが、ポータブルPCなら多少値が張っても日本で売られている日本製の物が良いです。アメリカで売られているポータブルPCはアメリカ人向け、つまり大きくて頑丈に作られているんですね。頑丈なのは良いのですが、あれでは私がとても移動に耐えられそうにないので、実質デスクトップマシンになるのは目に見えています。だったら何もわざわざポータブルマシンを買うこともありませんしね。日本のポータブルPCや携帯電話のニュースをアメリカで見ていると、なんだか映画の中の話のようです。ハイテクに見えて実はものすごくローテクな国にすっかり慣れてしまった私は、日本に戻れば間違いなく浦島太郎です。

さて、ちょうど一年間行方不明になっていた大学院生がワシントンDCで遺体となって発見されましたね。この問題は色々と根が深そうですが、司法省の研修生で大学院生、という彼女の肩書きに疑問を覚えられた方も少なくないのでは。アメリカの大学・大学院では、学部によっては卒業条件の中に外部機関でのインターンシップと呼ばれる研修が入っていることがあります。卒業条件に入っていなくとも、インターンシップで単位をとれるようになっている大学も多いです。OSUの工学部も例にもれず企業でのインターンシップを斡旋しています。だいたい半年前後になることが多いようですね。

なかなか悪くないシステムだと思いますが、いかがでしょう。日本のあちこちの大学から飽きるほど「産学連携」という言葉は聞かれるものの、実際に機能しているのはほんの一握りでしかないように見えます。いろいろと一筋縄ではいかないことも多いのでしょうが、早いうちにそれなりのシステムが確立されると良いですね。

インターンシップは学校斡旋のものもありますが、当然個人で応募するものの方が数多くあります。もっとも一般的なのは、夏休み限定のインターンシップでしょうか。ただしこれはアメリカ国籍もしくは永住権所有という条件がつくことが多く、学生ビザでは選考の対象にすらしてもらえません。募集要項に書いてあるところはまだいいのですが何も書いてないところも多く、応募してかなり経ってからその旨の通知が来たりします。去年の夏休み前はこれでかなりストレスになりました。移民局に連絡したり大学に確認をとったりという煩雑な事務手続きを避けたいとか、留学生というある種素性のはっきりしない者を雇うリスクは減らしたいとかいろいろと理由はあるのでしょうが、これが「自由と平等の国」で就労差別と言われないのは不思議ですね。

投稿者 akiko : 2002年05月28日 14:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2610

コメント

コメントしてください




保存しますか?