« お久しぶりです | メイン | ドイツの店 »

2002年10月28日

イラク攻撃反対

今日の写真はドイツのコンセントです。私はドイツ初日にこれが何だかさっぱりわからず、大真面目に「これ何?」と訊いてドイツ人の失笑を買いました。ついでに、電話のモジュラージャックも日本やアメリカのものとはまったく形状が異なるので何だかわからず、これまた苦笑いとともに教えてもらいました。普通はすぐにわかるものなんですかねー。

学校が始まりましたが、まだ一週目が終わったばかりなので大変のんびりしています。これからは忙しくなるとは思いますが。TA(ティーチングアシスタント)もすることになりましたし。アメリカではRA(リサーチアシスタント)をやっていてTAの経験はないので、かなりどきどきです。

先週のコラムに多少わかりづらいと思われる点があったので補足します。まず、クイーンズイングリッシュについてですが、これはイギリス英語のことですね。キングスイングリッシュという言い方もありますが、現在は女王陛下の国なので。クイーンズイングリッシュで困ることはほとんどありませんが、英国式という点で困るのが建物の階数表記です。日本はこの点米国式なので地面に接する階から一階、二階、三階・・・ですが、ヨーロッパでは地上階(Ground Floor)、一階、二階・・・です。私はドイツ初日、このために建物内で迷子になり、親切なドイツ人学生に保護されました。とほほ。

また、イングランドコンプレックスとは、日本人のアメリカンコンプレックス(白人コンプレックスの方がより当たっているかも)をそのままアメリカ人に当てはめたようなものです。アメリカ人の中にはヨーロッパ、特にイギリスに対して憧れとコンプレックスを抱く人がいます。日本人の中に何かにつけて「アメリカでは○○なんだから」と言いたがる人がいるのとそっくりで、ガイ・リッチー監督(イギリス人)と結婚してイギリスに移住する頃のマドンナがしょっちゅうイギリスはイギリスはと言っていました。大半のアメリカ人はアメリカイズナンバーワン!なんですが、たまにこういう人もいるんですねー。

最近のドイツでは、アメリカのイラク攻撃に対してかなり強い態度に出たシュレーダー首相が再当選しました。バス停にイラク攻撃反対集会のポスター(5分以上かかって辞書を引き終えるまで、賛成なのか反対なのかもわかりませんでしたが)が貼ってあったり、隣国フランスのシラク大統領もイラク攻撃に反対を表明したり、ヨーロッパは反対派が多いようです。でもイギリスはどうするのかな・・・。イラクが地球の裏側なアメリカと違ってこちらは地続きなので、何かあってとばっちりを食うのだけは勘弁して欲しいところです。asahi.comのコラムの中にこういう一節がありました。

シュレーダー首相は選挙で勝ちたいために戦争に反対したと悪口をいう人がいる。でも同じ民主主義国家なら、政治家が戦争をするといって選挙に勝てる国より、しないといって勝てる国のほうがいいような気がする。

私もそう思います。

投稿者 akiko : 2002年10月28日 04:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2593

コメント

コメントしてください




保存しますか?