« アフリコーラ | メイン | ヒーター »

2002年11月18日

ごはん

最近はぱっとしない天気がずっと続いています。今日は久しぶりに少し晴れました。晴れるととても暖かいのですが、曇りや雨だととても寒いので調整が難しいところです。会津はいきなり冬入りしてしまったようですが、こちらは緯度(日本よりずっと北です)のわりにやはり暖かいですね。とはいえ、高緯度なだけあって既に夕方5時をすぎれば暗くなっています。これでは、冬至のころにはいったいどんなことになるんでしょうか。今日の写真は、以前晴れていた時に撮っておいたものです。私が住んでいる住宅街はこういうところです。どこに行っても歩道は石畳であることが多いですね。細いハイヒールシューズなら3歩で靴のかかとをへし折る自信があります。そんな自信いらないんですが。レディへの道は遠い・・・。

前にも書きましたが、ドイツには、いえ少なくともザールブリュッケンには、コンビニエンスストアがありません。そしてスーパーは7時で閉まります。課題とTAの仕事に追われた今週は、気がついてみれば冷蔵庫が見事に空でした。皆どうしているのかとても気になるところです。土曜日にまとめ買いしているんでしょうか。日曜日は定休日ですし。

普段何を食べているかといえば、私の場合朝食はなし、昼食は大学の食堂にて、夕食はアパートでとるかすっかり忘れているか、です。なんだかこうやって書くとものすごい不健康ですね。これじゃーいかん。大学の食堂でとる食事が私の食事の大部分を占めるわけですが、これが見事に肉&芋、肉&芋、肉&芋・・・です。もちろんバリエーションはありますが、基本は肉&芋、肉&芋、肉&芋・・・日本人が必ず米を食べるような感じですね。ドイツ生活3年目の先輩は「ベジタリアンになる人の気持ちがわかる」と言っていました。私は3年どころか3週間で音を上げそうになりましたが、不思議なもので今はもう平気です。ただ、ドイツ語のメニューが読めないので毎回当たって砕けろ的ではありますが。ドイツ人の友達に「ドイツ語読めないんだよね?ごはんいつもどうやって決めてるの?」と聞かれ、「運次第」と答えたら笑われました。

大学は郊外にあって、食事ができる店はキャンパスの近くにありません。キャンパスのすぐ近くに安い食べ物屋さんがいっぱいあったアメリカの大学がちょっと懐かしくもなりますが、たとえここにあったところでやはりメニューが読めない上に注文ができないので行かないかも・・・こちらに来てから、外食したのはMetzに連れていってもらった時のみです。

あらためて書いてみると、なんだかザールブリュッケンはとんでもなく不便で辺鄙なところみたいですねー。アメリカや日本と比べれば実際その通りなんですが、私はとても気に入っています。のんびりしているけどきちんとなされるべきところはきちんとなされている感じで、ストレスが少なくて住みやすいです。ドイツ人と日本人は似ていると言われるのは当たっているかも。

投稿者 akiko : 2002年11月18日 05:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2590

コメント

コメントしてください




保存しますか?