« 犬の排泄物問題 | メイン | 回転寿司に行ってきました »

2004年06月29日

ヒューズがとびました

アパートで使っているハロゲンライトが切れました。ついでにランプ内蔵のヒューズ(写真参照。50セントコインと並べてみました。小さいです)もとんだので電器屋へ。行ったはいいんですが、ヒューズをドイツ語で何と言うのか調べるのを忘れていたので英語のできる人を出してもらいました。が、彼は英語を普通に話せるにもかかわらず、なぜかヒューズ(fuse)が通じない・・・仕方がないので、ヒューズとは何かを事細かに説明までしたんですが、やっぱりわかってもらえず退散しました。なぜ電器屋の店員にヒューズが通じないかなあ。うーん。

そういうわけなので、ドイツ語でヒューズを何と言うのか調べて(die Sicherung)、ばっちりドイツ語で作文してから別の電器屋に行ってみました。すると、話が通じたのはいいんですが、あっさり「ない」と言われました。とほほ。もしかして電器屋に行くのが間違いなんでしょうか。ホームセンターに行くべき?

と、私はなんだかしなくてもいい苦労をしているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。部屋が暗いと不便ですね。ランプは他にもあるんですが、あまり明るいものではありませんし。せっかく友達から借りた漫画が読めないー。

ドイツに限らず西ヨーロッパはここ数年で漫画の翻訳数が指数的に伸びており、現20代はすでに当たり前のようにハイジやキャプテン翼を見てきています。フランダースの犬は放映されていないのかなあ、と先日のベルギー旅行で思ったんですが、よく考えてみればその時一緒に行ったのは私以外は全員東ヨーロッパ圏出身者でした。同じEU内でも、東西ヨーロッパはかなり異なる部分が多いです。

それにしても、キャプテン翼の地球の曲率はおかしいなんていうくだらない話でドイツ人と盛り上がれるなんて、こちらに来るまではまったく予想もしていませんでした。あとは、スイス人とアンディフグについて語り合うとか。あ、K-1はとっくに放送されています。ついでに大相撲も。それからなぜか風雲たけし城も。大相撲はもうすぐ夏場所ですね。こちらのスポーツチャンネルで普通に見られそうです。これは、もしかしてシラク大統領(フランス)の影響が少なからずあるんでしょうか。彼は大相撲が好きなあまり、フランス大統領杯なんていう賞まで作ってしまったほどです。大統領じゃなくなったらどうするんですかーなんて野暮なことは聞いてはいけないんですね。きっと。

ところで最近、ドイツ人の友達とフランクザッパ話で盛り上がっています。ザッパのアルバム"Man from Utopia"が「ハエ・ハエ・カ・カ・カ・ザッパ・パ!」という邦題になっているのはどう説明したらいいでしょうか。彼はヨーロッパやアメリカのアーティストがCDを出すと日本盤だけボーナストラックついててずるい、などと私に文句を言いますが、そのかわりたとえばハエ・ハエ・カ・カ・カだったりするわけでして・・・あーこれをどう説明したものか。どなたかお知恵をお貸しください。

投稿者 akiko : 2004年06月29日 04:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2657

コメント

コメントしてください




保存しますか?