« ゲイシャ幻想 1 | メイン | 明けましておめでとうございます。 »

2004年12月20日

ゲイシャ幻想 2

ついに観ました!うずまき。いえ、私がひとりで気になっていただけで、別にどこかで流行ってるとかいうわけではありませんけど。原作の漫画を知っているので、正直なところあまり映画に期待はしていませんでした。あの原作の気持ち悪い雰囲気を映像にするのは無理だろうと思っていたので。

ところが、予想に反してなかなか良い出来でした。主演の二人の大根ぶりが気になりますが、中年以上の役者はかなりはまり役が多いです。まあ映画か漫画かと言われれば原作の漫画をおすすめしますが、話の種に観てみるのも悪くないです。このDVD出てるよと教えてくれたドイツ人の友人は、映画館でこれを観て他にはまずない新しいホラーだといたく感銘を受けた模様です。うずまき観て感動する友達も友達なら、これを上映するザールブリュケンの映画館も映画館ですが。

さて、先週の続きですね。なぜ「ゲイシャ」は誤解されるのかという話です。簡潔に言えば、そういう商売が存在しないから。以上です。ドイツだけではないと思いますが、こちらの風俗産業はものすごーくシンプルです。基本的に、ストリップ小屋か娼館かしか存在しません。そんなのつまんねー!と思った人は日本人ですよ。それじゃほんとにつまらんと私も思う。

というわけで、女性が酒と話の相手をしてくれる「だけ」、そういう雰囲気を楽しむ場を提供するという商売(まあ裏にはいろいろあるとは思いますが、それは置いておいて)は、こちらには存在しないのです。そりゃ知らないんだから理解しようがないのは当然ですね。しかしなぜそこでそのまま理解せず、自分たちの基準に合わせてねじ曲げようとするかねー。

で、そのねじ曲がったイメージをさらにねじ曲げて日本女性一般にあてはめられると、当の日本女性としては迷惑千万なわけです。いわく、日本女性というものは楚々としていて常に控えめでそれでいてよく気が回っていろいろと整えてくれて…と、ここまでは舞妓さんのイメージですね。まあ間違っちゃいませんが。つーか彼女らはそういう接客を生業とするプロフェッショナルなわけで。そのプロの仕事を一般人に求める時点ですでに間違いというものです。さらに、「ゲイシャ=キモノを着た娼婦」イメージまでくっつけてくれますし。

まあここまで失礼な人にはさすがに滅多にお目にかかれませんが、まったくいないとも言えません。「あながち間違いじゃないですねえ。そりゃーいい男には何でもしてあげたくなるというものですよ。あ、あなたのことじゃないんでどうかご心配なく」とか言って相手を黙らせる私も、そうとう性格悪いとは思いますが。お互いさまですねー。

さて、私は年末年始にちょっと小旅行の予定です。次回の更新は年明け早々ということで。皆様良いお年を。

投稿者 akiko : 2004年12月20日 23:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/2632

コメント

コメントしてください




保存しますか?