« ややドイツ人な週末 | メイン | 国際婦人デー(ミモザの日) »

2006年02月27日

アパート探し

今すぐ何が何でも!というわけではないのですが、良いアパートがあるといいなあ、くらいの気持ちで不動産広告を眺めています。

まず、ドイツの賃貸事情について説明しますと…

・キッチンがついていればラッキー
・壁紙が貼ってあればラッキー
・床が貼ってあればラッキー
・電灯がついていればラッキー

だったりします。マジです。したがって、不動産広告では、「キッチンがある」「床が貼ってある」は十分売り文句になっています。新築物件の場合など、これはすべて絶望的で、どうかするとバスタブと洗面台すらついていない場合があります。

私が今住んでいるアパートは、これをすべてクリアしている(バスタブはなく、シャワーブースだけですが)上に、家具つきで、しかもコインランドリーまであります。さらに、風呂場より広いバルコニーつきで、立地は山の手の高級住宅街で環境よし、そして建物じたいもかなり新しいです。それでいて、相場より安いという掘り出し物です。なかなか、これ以上の条件というアパートは見つかりません。

ドイツ人わけわからん!と思うことはたくさんありますが、この「キッチンとともに引っ越す」というのが、わからん!の最大級です。分譲ならまだしも、賃貸なのに。さらに、壁紙を自分で貼って、床を貼ってならして、天井からぶら下がっているだけのコードに電灯をつけて…面倒くさすぎ。

さらに、引き払うときはこれをすべて初期化する必要があります。つまり、キッチンを取り外し、壁紙をはがし、床をはがすのです。私には絶対無理!

賃貸の良さというのは「気軽に移ることができる」「たった今からでも住もうと思えば可能」という点にあると思っていたのですが、どうやらドイツではそういうわけではないようで…ほんと、ドイツ人は元気だなー。


投稿者 akiko : 2006年02月27日 22:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/3155

コメント

コメントしてください




保存しますか?