« イタリア戦 | メイン | 引越し完了 »

2006年07月18日

湖水浴

週末は天気が良いこともあり、湖に泳ぎにいってきました。

とはいえ、天気がよく気温もそこそこ高いものの、風があってやや肌寒かったです。私はビーチマット(というかござ)を敷くなり寝入ってしまいました。目が覚めた時は、すぐそばで一緒に来た女の子三人がブラックジャック中…ちょっと怖いです。頭がすっきりするなり、それにまざってブラックジャックに興じた私も私ですけれども。

それにしても日が長い…上の写真を撮ったのは午後七時ごろです。これでも、夏至を過ぎてだいぶ日が短くなってきた方なのです。時間の感覚が狂いますねー。冬はこれと完全に逆ですし。

家に帰ってくると、しめ切っていた自分の部屋がサウナ状態になっていました。徒然草には「家の作りやうは夏をむねとすべし」とありますが、ヨーロッパの家は冬を中心に考えて作られています。ペアガラスはあたりまえの素晴らしい気密性なのですが、ここ数年どんどん夏の気温が上がってきているようで、なかなかに辛いです。

まず、エアコンディショナーというものがありません。ヨーロッパ人はかたくなに「エアコンは身体に悪い!」と思っています。扇風機の風を身体にあて続けるほうがよほど身体に悪いんだけどな…しょうがないので、窓を開けて扇風機をあさっての方向に向けて回して、なんとか空気を対流させてしのいでいます。

ちなみにこちらの扇風機、「おやすみタイマー」とか「微風」とか、そんな機能は影も形もありません。こちらが寝ていようが起きていようが、かなりの音をたてて回ります。

そして窓ですが、開けているといろんなお客様が…蚊とか蛾とかかなぶんとかその他いろいろ、なんでも入ってきます。網戸?ドイツに引っ越してこのかた、見たことなどありません。あることはあるようなのですが、はめ殺しの網戸ばかりのようで、私が住んでいるアパートは窓がバルコニーに出るドアも兼ねているため、どうにも使いづらくなります。

そんなわけで、蛾に悲鳴をあげて私が逃げ回る→シェアメイトが出てきて蛾をつまみだす→蛾もどってくる→最初に戻る、の繰り返しな日々です。何かいい解決方法ありませんかねー。やはりここは誘蛾灯でしょうか。


投稿者 akiko : 2006年07月18日 20:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/3746

コメント

コメントしてください




保存しますか?