« スウェーデン | メイン | ウィーン »

2006年08月29日

ストックホルム

引き続き盆休みスウェーデン編です。見事に何もないところにある友達の別荘に別れを告げ、ストックホルムです。わー都会だー。ビルがあるー。ストックホルム中央駅は、広くてとても綺麗です。
ストックホルムはもちろんスウェーデン一の都市なのですが、なんだか人はのんびりしています。人口密度のせいでしょうか。道がわからなくて誰かに聞くと、わらわらと人が集まってきます。どうしたどうしたー、なんか外人さんが困ってるぞー、とたくさんの人が集まって道を教えてくれます。ありがたいんですが、何もそんなに集まってこなくても……パリあたりとはだいぶ違うものですね。

ストックホルム旧市街地は、小さくてかわいい路地がたくさんありました。ザルツブルクの旧市街に似ています。ただし、スウェーデン人がオーストリア人よりでかいためか、路地の幅も広めですが。



ダウンタウンには国立博物館、現代美術館、ドクターノーベル博物館、ヴァーサ号博物館、王宮といろいろあります。美術館・博物館は、月曜日が軒並みお休みなので注意しましょう。

このうち、国立博物館とヴァーサ号博物館に行ってきました。国立博物館は、そう大きいものではないにもかかわらず、コレクションが充実しています。なぜかフランドル派の絵がたくさんあります。

ヴァーサ号博物館にあるヴァーサ号は、17世紀の軍艦で、出航直後に突風のため沈没しました。それが300年以上経って引き上げられ、壊れた部分は修復(といっても5%ほどだそうですが)されて、現在は博物館内に展示されています。

写真がうまく撮れなかったのですが、見事な船でしたよ。これが作られたのは、日本でいえば江戸時代初期です。よく残っていたなー。船をぐるりと囲む形で回廊が作られていて、そこから船を覗き込むようなつくりになっています。普通はそのようになっていますが、来場者100万人ごとに、特別に船の中に入れてもらえるんだそうですよ。

投稿者 akiko : 2006年08月29日 06:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://aizu.nowhere.co.jp/mt/tkevn244.dir/3896

コメント

コメントしてください




保存しますか?